高域セクション

MLA HF section

New WavefronT Criteria

MLAの高域セクションには1インチのネオジウム磁性体のコンプレッションドライバーが3個搭載されており、それぞれ個別の解析スロットホーンが真の90度の水平定指向特性を実現しています。垂直方向へは、新しい水平ウェーブフロント基準を適合することにより以前より格段の進化を遂げました。

 

 

The overall curvature of the exiting wavefront is accurately and specifically optimised

初期のツアーリングラインアレイの開発者は個々の高域エレメントからの平坦な初期波面を強く主張してきました。しかしながら、私たちの精巧なBEMモデリング技術により、特にアレイがカーブしている実際の使用条件下では、ほんのわずかカーブした初期波面のほうが、もっと均一なSPLを観客に届けられることがわかりました。

The physical curvature of a touring array depends on the venue, and so will vary from one venue to the next. Since it is impractical to physically change horns to suit each venue, it is imperative that the horn wavefront curvature is broadly optimised for the typical array curvatures encountered. With BEM, we have the modelling tools to determine the optimum wavefront curvature – neither flat nor excessively curved - of the individual horns which will produce the best results in a practical touring array. The next step is to design the horn that will produce this curvature.

Top: Conventional horn: wavefront is too curved
Bottom: MLA Horn with wedge: curvature is ideally optimised

BEMモデルにおいて検証された従来型のホーンは、ホーンの外側を沿う波面が、中心に向けて凸状の垂直波面を作り出し、理想的なアレイエレメントからするとカーブしすぎていました。MLAの高域ではひし形のくさびをホーンの中に設置することで、これを調整することに成功しました。このくさびの長さと形の絶妙な選択によって、既存のウェーブフロントの曲率が正確でより洗練されたものとなり、私たちの新しいウェーブフロントの基準に合致するものとなりました。平坦すぎず、カーブしすぎず、ドライバーから放たれた音声がホーンの出口で少しだけ湾曲した波面を形成するよう距離の補正をしています。

 

* Patent Application WO2007054709


Find Your Distributor
Latest Tweet
All material © 2013. Copyright Martin Audio Ltd. Subject to change without notice. Martin Audio Ltd. Reg. No. 4824341
Martin Audio and the Martin Audio Logo are trademarks of Martin Audio Ltd and are registered in the United Kingdom, United States and other countries.