CDD-LIVE! シリーズ

CDD-LIVE! THE SOUND OF THINGS TO COME

今日に至るまで、殆どのセルフパワードシステムはハイエンド機種であったとしても、また軽量であったとしても非力なものが多く、多数のユーザーを獲得するには至りませんでした。
今、MARTIN AUDIO社はレンタルカンパニー、システム設計者、ミュージシャンにフォーカスしたCDD-LIVE!で様々な要求に応えます。
3種類のフルレンジモデルと2種類のサブウーハーで構成するCDD-LIVE!はプロ用のスタンドアローンシステムとしてライブ用のFOH、モニター、固定設備、劇場などあらゆる用途に対応します。
MARTIN AUDIOのディファレンシャル・ディスパーション技術と同軸ドライバーの利点を融合させたCDD-LIVE!シリーズは遠方へは狭い拡散でアプローチし、手前方向へは広く拡散することによって会場の隅々まで同じ音を届けることができる究極のシステムです。
DSP内蔵のクラスD動作のパワーアンプに加え,Danteネットワークにも対応し、素早いセットアップを可能としています。
またツアーグレードのキャビネットに加えポールマウント金具・ウォールブラケット・リギング用ヨークもあり、様々な用途に対応します。
長方形型に均一に拡散し、究極なまでに一貫性をもった音を届けられるCDD-LIVE!は、真のプロフェッショナル用パワードシステムとして様々な要求に応えます。

COAXIAL DIFFERENTIAL DISPERSION™: THE BEST OF BOTH WORLDS

CDD-LIVE!は同軸デザインのメリットと非対称拡散技術を融合した究極に一貫性を持った音を届けられるシステムです。
全てのフルレンジモデルはMARTIN AUDIO社独自のパテントを取得した同軸非対称拡散ドライバーを用いており、全てのオーディエンスへ同じ音を届けます。

THE COAXIAL ADVANTAGE

同軸ドライバーの場合、低域と高域セクションの出力どうしが互いに干渉することによって、聴く位置によって軸外での非一貫性を引き起こし、クロスオーバ領域の不均一な周波数特性に悩まされます。スピーカの直近などは特にそういったことが起きていました。

それに対して、コアキシャルシステムはどんな位置にあっても低域と高域セクションは点音源的な合算が実現できます。これがコアキシャルデバイスがスタジオモニタリングなどのニアフィールドアプリケーションなどでよく用いられる理由です。

従来のコアキシャルデバイスでは、周波数が高くなるにつれ、指向特性が狭くなってしまうことが今まで欠点となっていました。これは従来のコアキシャルデバイスの高域成分は、マグネットの中の狭い円筒形状の中を通っていたためです。CDDシリーズのコアキシャルデバイスでは革新的なコーン形状のウェーブガイドを組み込むことで、非常に高い周波数帯域までの拡散パターンを維持することができるようになりました。

THE DIFFERENTIAL DISPERSION™ ADVANTAGE

非対称拡散ホーンは立体的な台形の拡散パターンになっているので、従来のCDホーンに比べると部屋全体を均一にカバーすることが来ます。

従来のCDホーンのスピーカは通常観客の頭よりも高い位置に設置され、客席中央のエリアに向けて設置されていました。しかし、スピーカのすぐ直近のエリアがカバー出来ず、十分ではありませんでした。

一方でCDDの非対称拡散特性システムは台形のような、広い水平指向のカバレージを持ち、部屋の隅にいる観客にもスピーカのすぐ近くに立っているような音を届けることが出来ます。部屋の中を歩いてみると、一貫性のある周波数のレスポンスと音圧レベルを感じることが出来ます。スピーカの直近も遠く離れた場所もです。このカバレージ技術の向上によって、CDDスピーカ同士を離して設置することが可能になったので、場合によっては設置するスピーカの数自体を減らすことも出来るようになったのです。

ONBOARD AMPLIFICATION, DSP AND DIGITAL NETWORKING

各CDD-LIVE!システムはDSPとクラスDアンプに加えDanteネットワークに対応する強力なパワーモジュールを使用しています。 簡単なセットアップを可能とし、コントロール性も拡張され、これまであったアンプラックのスペースをも減らすことができるようになりました。 軽量でかつ100-240V 50/60Hzのグローバルな電圧に対応するスイッチモードパワーサプライはPFC回路を用いることでAC波形をスムーズにします。 その結果究極なまでに消費電流を抑えることも実現しました。 DSPの機能としてパラメトリックEQ、ミュート、ゲイン等のコントロールに加えプリセットの保存もできます。 これらはVU-NETソフトウェアを用いてPCコントロールもできます。
CDD-LIVE!フルレンジシステムとして、ステージモニターとして、またサブウーハーとの併用ができるファクトリープリセットをプラグアンドプレイ用に内蔵しています。それらは背面部のボタンで選択するか、またはPCソフトウェアを用いてコントロール可能です。選択されたプリセットは背面部のLEDで確認ができます。
またサブウーハーはCDD-LIVE!8,12,15に対応すべくそれぞれに適したクロス設定に加えカーディオイド設定も内蔵されています。オプションのレインカウルを装着することによって屋外での使用も可能です。

THE DANTE ADVANTAGE

Danteは非圧縮のマルチチャンネルデジタルメディアネットワーク技術です。
オーディオクオリティーを全く損ねることなく伝送できるのでプロオーディオの開発者においても、また固定設備においてもセットアップを容易にし、シンプルな接続を可能にしたことで経済的にも貢献しています。
各CDD-LIVE!はDante対応です。
Danteはオーディオ界に重要な進歩をもたらしました。極めてゼロに近いレイテンシーだけでなく、デジタルオーディオ伝送やコントロールに対しオープンな規格でライブサウンド、固定設備において非常にスケーラブルな規格です。
Cat5ケーブルを用いることで質を落とさなくて済むだけでなく、様々なデバイスへの単純な接続も可能になりました。
Danteネットワークは非常にシンプルで、素早い接続を可能とし、Danteソフトウェアを用いて設定ができます。一度設定してしまえばPCをネットワークから切り離してもセッティングは維持されます。
CDD-LIVE!はXLRアナログ入力とデジタルDante入力を自動的に認識できるのでVU-NETソフトウェアを用いずとも入力信号を選択できます。

MULTI-PURPOSE FLEXIBILITY

CDD-LIVE!システムには様々な用途に対応すべく、オプションの専用アクセサリーをご用意しています。CDD-LIVE8,12,15は、本体のポールソケットを用いてダイレクトにスピーカースタンドに設定可能です。またユニバーサルブラケットを用いれば、アップ・ダウンチルトが容易にでき、スピーカースタンドでの使用時においても、またクランプを用いてのリギング時においても、縦向き横向きいずれも設置が可能です。
CDD-LIVE12,15はヨークブラケットで設置することも可能です。またCDD-LIVE8,12はウォールブラケットを用いれば壁により近く設置することも可能です。
ウォールブラケットは先に座の部分を壁に取り付け、後でスピーカー本体を連結でき、より簡単な設置を実現しています。
CDD-LIVE8,12,15は本体にアイボルト用のM8ネジ、CSX-LIVE118,218にはM10ネジが取り付けられています。

CDD LIVE! 特徴


  • 多用途パッシブ2WAYシステム
  • 同軸“ポイントソース”“パフォーマンス
  • 非対称拡散特性テクノロジーによる一貫性のあるカバレージ
  • エレガントなUPM Formi複合型エンクロージャ
    (CDD5を除く)
  • 回転可能な同軸ドライバーユニット
  • 縦向きにも横向きにも設置可能
  • はめ込みタイプののスチールグリル
  • 8Ω公称インピーダンス
  • 目立ちにくいマウントアクセサリー
  • アイボルトで施工可能 (CDD10,CDD12,CDD15)

アプリケーション


  • ライブハウス
  • ミュージックバー
  • ナイトクラブ
  • バー、レストラン
  • ミュージアム、AV設備
  • 国際会議場
  • ホテル
  • ショッピングモール
  • レジャー施設
  • 教会設備

 

 

CDD-Live! シリーズ
  ダウンロード
製品仕様 製品詳細
Data-sheet
Technical Drawing
User Guide
CDD-LIVE 8 Powered 2-Way 超小型同軸非対称拡散スピーカーシステム

屋外仕様

PDF
DWG PDF N/A
CDD-LIVE 12 Powered 2-Way コンパクト同軸非対称拡散スピーカーシステム
PDF
DWG PDF N/A
CDD-LIVE 15 Powered 2-Way 高出力同軸非対称拡散スピーカーシステム
PDF
DWG PDF N/A
CSX-LIVE 118 Powered Subwoofer コンパクトサブウーファー
PDF
DWG PDF N/A
CSX-LIVE 218 Powered Subwoofer デュアルドライバーサブウーファー
PDF
DWG PDF N/A
All material © 2013. Copyright Martin Audio Ltd. Subject to change without notice. Martin Audio Ltd. Reg. No. 4824341
Martin Audio and the Martin Audio Logo are trademarks of Martin Audio Ltd and are registered in the United Kingdom, United States and other countries.